自分で修理できる水道トラブルの種類について

自分で修理できる水道トラブルの種類について 生活のライフラインである水道が、設備機器の不具合から様々なトラブルを引き起した場合、一刻も早い復旧が求められます。一般的に水道のトラブル解決は、多くの方が専門業者へ依頼し、修繕を任せます。その際の費用は短時間作業にもかかわらず高額請求される可能性があり、悩んでしまうこともあります。しかし、この時点では費用より一刻も早い復旧が優先されています。トラブルに驚き、慌ててしまいトラブルの原因を特定しないまま専門業者に依頼するとそのような事態を招くこともあります。そのため、水道のトラブルが発生した場合、自分が動いて原因を究明する必要があります。水道のトラブルには、修繕の知識が無くても簡単に対処できるトラブルがあるのです。

■水道トラブルの代表的な種類について

戸建て住宅のトラブルの種類をひも解きます。トラブル発生が多い場所は、トイレです。詰まりにより流れなくなったり、タンクや便器の配管からの水漏れがあります。逆に、タンクに水が貯まらない等の給水トラブルも目立っています。また、最近は、温水洗浄便座の故障も増えており、洗浄水が止まらない不具合などがあります。次に浴室ですが、シャワー栓からポタポタと水が漏れるトラブルが多いです。給湯器 水漏れが発生することも考えられます。そしてキッチンや水道蛇口から微量の水漏れが続くパターンもあります。その他、マンション等の共同住宅の場合は、戸建て住宅のトラブルに加えて、築年数の経過したマンションの場合、排水管の流れが悪くなり詰まりトラブルを発生します。酷い場合は、キッチン排水溝から水が逆流し、大きな水漏れとなります。マンションの場合は、定期的に排水管洗浄を実施しないとトラブル発生率が高まります。排水管洗浄を一度も実施しないマンションは、階下への水漏れやキッチン排水溝の詰まり等のトラブルが起こってしまいます。

■慌てず、焦らず、自分で対応可能な水道トラブルの修理事例
様々なトラブルの中には、知識と経験の乏しい人でも対応可能なトラブルがあります。まず、最も容易なトイレの排水管や給水管のつなぎ目からの水漏れです。ボルトやネジ、ナットが緩んで起こる水漏れであれば、家庭にあるドライバーやレンチで締め直すだけです。そして、再発防止をするために締め直した部分の上から樹脂テープを巻けば完了です。次に、シャワー栓からポタポタ滴る水漏れです。シャワーを切り替えている部分は使用頻度がとても高いため、部品の消耗が原因でシャワー栓から水漏れを引き起こしています。切り替え部分の中にバルブがありますからバルブ交換で修理完了です。この方法は、キッチンの蛇口も同様です。

■水道トラブルは、落ち着いて原因を探り、まず応急措置を試みます

いきなり、専門業者に修理依頼する方がいます。この段階で重要なことは、トラブルの原因を正しく把握し、元栓を閉めたり、止水栓を止める応急措置が大事です。どうしても自分で対処できない場合は、業者の手配となります。但し、業者も様々であり、インターネットで24時間受付、至急駆けつけサービスなどの広告をよく目にしますが、業者の手配で大切なことは修理に関する高い技術を保有し豊富な施工実績がある専門業者を選定することです。ついつい大切な部分を見落とし、直ぐに駆けつけてくれる業者を選んでしまいますが、要注意です。

■まとめ
毎日、使用している蛇口や浴室のシャワー栓が突然、トラブルを発生したと思いがちですが、実は、トラブルの兆候が必ずあります。その兆候を見逃したため、突然のトラブルと感じているだけです。概ね兆候には、レバーの動きが微妙に変化します。レバーの止水位置が変化してくるからです。またトイレのトラブルも、流水や洗浄水の音が正常な時と異なっています。このように日頃の使用の際、用心深く点検を実施すると予防に繋がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース